Ikebana & Slave Grigoryan


Ikebana Performance by Shoso Shimbo + Solo Guitar by Slava Grigoryan

6:30 PM, 7 September 2024

Melbourne Recital Centre

Booking opens in June 2024


Regarded as a ‘wizard’ of the guitar, Slava has forged a prolific reputation as a classical guitar virtuoso. He has released of over 30 solo and collaborative albums spanning a vast range of musical genres.

At the age of 18, his first tour was with guitar legends Paco Pena and Leo Kottke. Since then he has travelled the world as a soloist in recitals and with orchestras in Europe, Asia and North America. He has won four ARIA awards for Best Classical Album and performs regularly as a soloist with all of Australia’s symphony orchestras. Internationally, his performances have taken him to some of the world’s leading venues. From numerous appearances in London’s Wigmore Hall and Royal Festival Hall, to New York’s Carnegie Hall, Vienna’s Konzerthaus, and Tokyo’s Sumida Triphony Hall, Slava Grigoryan has developed a talent for bewitching his audiences.

Collaborations have played a huge part in Grigoryan’s career, most notably the guitar duo with Leonard Grigoryan. Together they have released more than ten duo albums and appeared on many others. Their touring has seen them perform throughout Europe, America, Asia, Russia and the Middle East.

Grigoryan’s other collaborations in the classical sphere have been with ensembles including the Goldner, Flinders and Australian String Quartets in Australia, and the Endellion, Skampa and Chilingirian Quartets in Europe.

Outside the classical world Grigoryan has had long term collaborations with MGT – a guitar trio featuring jazz icons Ralph Towner and Wolfgang Muthspiel. For the last 8 years his duo with cellist (and wife) Sharon Grigoryan has become another productive and meaningful collaboration in a full musical life.

Since 2010, Grigoryan has been the Artistic Director of the Adelaide Guitar Festival.

‘A guitar player of uncommon originality and authority. Musicality, expressivity and daring ... a singular talent.’ – The New York Times

‘... a truly dazzling and brilliant performance – go and see him if you have the opportunity, he is one of the very best talents to have emerged in recent years.’ – Classical Guitar Magazine


生け花パフォーマンスと国際的な音楽家とのコラボ

ギターの「魔法使い」と評されるSlavaは、クラシックギターの巨匠として揺るぎない評価を得ています。彼はさまざまな音楽ジャンルにわたる30以上のソロおよび共演アルバムをリリースしている世界屈指のギター奏者です。

18歳のとき、彼の最初のツアーはギターレジェンド、Paco PenaとLeo Kottkeとの共演でした。それ以来、彼はヨーロッパ、アジア、北アメリカでの独奏やオーケストラとの共演を通じて世界を旅しています。

彼は最優秀クラシックアルバム部門で4回のARIA賞を受賞し、オーストラリアのすべての交響楽団と頻繁に独奏しています。国際的には、彼は世界有数の会場で演奏しています。ロンドンのウィグモア・ホールやロイヤル・フェスティバル・ホール、ニューヨークのカーネギーホール、ウィーンのコンツェルトハウス、東京の墨田トリフォニーホールなどでの数々の出演において、Slava Grigoryanは観客を魅了してきています。

コラボレーションはGrigoryanのキャリアにおいて重要な位置を占めていますが、特にLeonard Grigoryanとのギターデュオが際立っています。彼らは10以上のデュオアルバムをリリースし、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、ロシア、中東で公演しています。

Grigoryanのクラシック分野での他のコラボレーションには、Goldner、Flinders、Australian String Quartetsとのものがあり、ヨーロッパではEndellion、Skampa、Chilingirian Quartetsとのものがあります。クラシックの世界の外で、GrigoryanはジャズのアイコンであるRalph TownerとWolfgang MuthspielをフィーチャーしたギタートリオMGTとの長期間のコラボレーションを持っています。

また、最近8年間で、彼の妻であるチェリストのSharon Grigoryanとのデュオも、充実した音楽生活における生産的で意義深いコラボレーションとなっています。

2010年以来、Grigoryanはアデレード・ギター・フェスティバルの芸術監督を務めています。

『非凡な独創性と権威を持つギタリスト。音楽性、表現力、大胆さ...特異な才能。』 - ニューヨーク・タイムズ

『...本当に目を見張る輝かしい演奏 - 機会があればぜひ彼の演奏を見に行ってください。彼は近年登場した最高の才能の一つです。』 - クラシカル・ギター・マガジン



Ikebana Performance by Shoso Shimbo with Paul Grabowsky AO at Melbourne Recital Centre, September 2022.