オーストラリア、メルボルンで開催される「和・メルボルン生け花フェスティバル」に出展しませんか?日本で生け花をご指導中の方ならびに学習中の方でしたらどなたでもご参加いただけます。

生け花の精神を世界に向けて発信したい方、
海外で生け花の賞を狙いたい方、
海外の生け花愛好家とお友達になりたい方、

世界最高の「生活適応都市」メルボルンを「生け花の街」にしたいと意気込む私たちにご協力いただけませんか?

2022年の参加方法は「フリープラン」のみのご案内となります。

参加者には感謝の気持ちを込めて、花展参加証明書を発行いたします。キャリアアップの一助としていただければ幸いです。

なお、このフェスティバルはウィキペディアにも紹介されている、数少ない国外の国際的な生け花イベントのひとつです。

1、まずは、参加要項(別ページ)をご確認下さい。

2、和生け花賞への応募を決定(別ページ)。 また、デモ・プレゼンター募集に応募するかどうかも決定しましょう。

3、参加方法:詳細は参加方法(別ページ)をご参照下さい。

4、参加費用のお支払い。

5、参加費用受領のお知らせ:花席予約完了です。

6、渡航準備:よくある質問(別ページ)などもご参照下さい。

7、出国

8、花展参加+メルボルン観光をお楽しみ下さい。


2022年 和·メルボルン生花フェスティバル概略

日時:9月11日(土)、12日(日)

会場:コミュニティ、リネンルーム、アボッツフォード·コンベント (Community & Linen Rooms, Abbotsford Convent 


メルボルン生花フェスティバルは、生け花の振興を目指す創造的で国際的な文化フェスティバルです。レジャーとして、自然との触れ合いを促す癒しとして、貴重な伝統的日本文化を広く国際社会に浸透させたいと願っています。


メルボルン生花フェスティバルでは、生花展(入場無料)を中心に、以下の様々なイベントが同時開催されます。さらにオンラインにて「国際いけ花学会」コンフェレンスも開催されます。


生花ワークショップ:男性向け、子供向け他。

生花デモンストレーション

生花ディナーショー:日本レストランにて

生花パフォーマンス:メルボルン·リサイタル·センターにジャズ界の巨匠、ポール·グラボウスキー(Order of Australia) を招いて。

生花コンフェレンス(「国際いけ花学会」共催):小原流家元小原宏貴氏を招いて

メルボルン花器賞:ヒロエ·スウェン氏を審査員に招いて花器コンクールを開催。オーストラリアを代表する陶芸作家の作品が展示されます。


さらにオンライン·イベント(オンライン花展、eBook出版)として、Hanadayori を企画しています。日本の著名生花作家、ウクライナの華道家を含む生花作家が、世界の様々なリクエストに応えて作品を創作するという企画です。


参考イメージ:https://www.dropbox.com/sh/01ri78x2ljuk8fi/AAAugTjBeZpz_GamnomS4ddFa?dl=0

ウェブサイト:www.ikebanafestival.com

お問い合わせ先:代表、新保逍滄 wa.ikebana@gmail.com